5月9日(日)あったかファミリー演劇公演を BRANCH岡山北長瀬ハッシュタグで消毒、検温、換気など気をつけながら開催させて頂きました。

 

練習に練習をかさねて、みんなで真剣に取り組んだ今日までの日々。思うように出来ないことへのイライラや不安もありながら、前向きな気持ちと、仲間を信じる気持ちを忘れずに取り組むことが出来て、おかげさまで無事終えることが出来ました💕🌈

 

 

 

来てくださったお客様、演劇にご一緒してくださった皆様それぞれから、笑顔が素敵であたたかい会場でした。演劇にでて緊張したけど最高に記憶に残る1日となった等嬉しい感想を頂きました💕

 

  

 

岡山支部は6月6日に井原市で第1回目の街角オアシスを開催します。それにむけて、仲間とともに気持ちをひとつにして頑張ります💕

 

   

あったかファミリーのこと、活動のことをこれからも発信していきます。

 

                   あったかファミリー 岡山支部

4月25日(日)あったかファミリー演劇公演をイーグレひめじのアートホールでさせて頂きました。

 この度、発令された緊急事態宣言で開催させて頂けるのかどうか、とても気を揉みましたが、ホールの方のご好意で奇跡的に開催することが出来、感謝以外ありません。

ソーシャルディスタンスを取りながらもこの時期にも関わらず満席となり、

皆様のご来場、誠にありがとうございました。

 あったかの演劇は社会問題を取り上げた私たちオリジナルの作品です。

直ぐには解決できませんが、皆さんとともに問題をより良い方向に考えて行きましょうというメッセージを込めています。 

今回は学校のイジメ問題をテーマにした「学校とは何か」(橘俊彦脚本)という作品で、一昨年の第1回演劇甲子園にエントリーされた15分にまとめられたものです。

 演劇は殆ど未経験という7(総演者16)の方々とともに舞台を踏ませて頂きました。 役柄を作る過程で自分自身の思い、また、相手方を思いやる感情が生まれてきてコミュニケーションの取り方が変化してきます。

 

このような心でお相手様と向き合えばイジメなど起こりませんよねと。

 次回は一緒に舞台を踏みませんか

 

              あったかファミリー はりま支部

 

4月11日(日) きららホールにて 

あったかファミリー演劇公演を開催させていただきました。

 

演劇「王様と心の門番」

  幼少期の親や教育の影響をコミカル・ファンタジックに描いた物語

演劇「AI神社」

 

歌「もっともっとコミュニケーション」「みんなみんなかかわろう」

 

まんえい防止宣言が施行されておりますが、コロナ感染予防対策をしっかりして開催させて頂きました。

スタッフの皆様、このような時期に家族や友人、そして伊丹の皆様にお越し頂きまして、心より感謝申し上げます。

 

次回は、第2回あったか演劇甲子園大会を開催予定としております。

是非、皆様のご来場をお待ちしております。

2月6日(土) 東リいたみホールにて

DOING! DOING! 2021東リいたみホール市民企画公募事業での 

あったかファミリー演劇公演を開催させていただきました。

 

演劇「王様と心の門番」

  幼少期の親や教育の影響をコミカル・ファンタジックに描いた物語

歌「ありがとうの心」「みんなみんなかかわろう」

 

コロナ感染予防対策をして、スタッフの皆様、このような時期に家族で、そして伊丹の皆様にお越し頂きまして、心より感謝申し上げます。

 

次回は、4月11日(日) きららホールでの開催となりました。

是非、皆様のご来場をお待ちしております。