第25回街角オアシスin大阪狭山     4月1日(土)

大阪狭山市立市民ふれあいの里

ゲスト 歌崎雅弘様(特定非営利活動法人こどもごころ理事長)

     谷井翔一様(野菜系シンガーソングライター)

 

 狭山ふれあいの里 2回目!

前日まで降り続いた雨も何とか止み、予定通り開催させて頂く事が出来ました。狭山担当の宮本さんの下準備と、当日早くからの現地でのお声がけには、責任感と意志力を学ばせて頂きました。

 就園前から小学5年生の子ども達を前に、谷井翔一様のライブも大ハッスル。

 NPO法人こどもごころ理事長の歌崎雅弘様には、工夫をこらした鬼ごっこを教えてもらい、老いも若きも声をあげて走りました。

 反省点もありましたが、子どもを見守る大人側も、また一緒に学んでいきたいです。

第25回街角オアシスin福山(広島)   3月11日(土)

福山市生涯学習センター

講師 橋場由見子様(HY教育エンタープライス代表)

 

 2ヵ月に一度、あったかファミリー運動提唱者の川本ルリ子先生をお迎えしての街角オアシスも3月で5年目のスタートとなりました。

 福山では初の外国人の参加者、インドネシア出身のイワンくんをお迎えし、大変盛り上がったオアシスになりました。

 ゲストの橋場由見子先生の講演では、ペアになって互いの共通点を探したりゲームのような感覚で、コミュニケーションすることの大切さを楽しく学ばせて頂きました。

 語り合いでは、若い方が海外にいかれて、海外の方のコミュニケーションに圧倒されたというお話など、活発な意見交換がなされました。

 4月29日には、第2回街角オアシスin福山コラボ講演会という大きな講演会があります。

 演劇「輝く生命の循環~500年の子育て飴物語~」に海外の方ではじめて、イワンくんが出演して頂ける事となりました。日本人の産霊の心を感じて頂き、エネルギーを立ち上げることを体験していただける初の試みです。この体験こそ夢の持てる社会、そして平和な世界へつながることと確信しております。

 

第1回街角オアシスin池田         2月4日(土)

池田市栄本町コミュニティーセンター

講師 一谷豊司様(池田エッセイの会)

 

 池田市にて、第1回街角オアシスin池田が開催されました。北摂地域では各市で開催されています。当日は川本代表が出席され、ご多忙の中多数の地元著名人がご参加下さいました。

 中でも地元ボランティア活動に精通され何かとお力添え頂けた池田市立公益活動促進協議会顧問の寺戸悦子様からの温かい励ましのお言葉には一同深く感激しました。

 集いはオープニング コーラスに始まり、寸劇と「文章の書き方」に関する講演、身体表現、語り合いと進み、最後には「一本の花に願いをたくして」で締め括られました。総勢40名を越える盛会でした。これを機に近隣の川西市や宝塚市、豊中市にもこの運動が拡大、浸透してゆくことを祈念してやみません。

第24回街角オアシスin大阪狭山      1月29日(日)

大阪狭山市公民館

講師 橋場由見子様(HY教育エンタープライス代表)

ダンス 大阪府狭山高等学校 ダンス部

 

 狭山高校のダンス部の皆さんがダンスで参加して下さったのは、今回で2回目でした。

 初めに川本充佐子代表が、いじめや引きこもりが増えてきている現状で、思いやりの心や豊かな心が育まれるためには、家庭での会話やコミュニケーションが大切だということをわかりやすくお話され、その後でお歌と寸劇「子育てにおける会話」をみてもらいました。

 最後のグループディスカッションのときには、寸劇を視て、自分は温かく育ててもらったので、自分が子育てするときにもそのような家庭にしていきたいという感想を生徒さんがお話して下さったことが印象的でした。

 そしてゲストの橋場由見子先生の講演では、ゆったりと楽しく生徒さんに問いかけながらコミュニケーションのコツを教えて頂きました。話す内容よりもまずは笑顔でご挨拶!みんな楽しく学ばせていただきました。

 その後で披露して下さったダンスは全て生徒さんみんなで考えたオリジナルで、とてもイキイキエネルギッシュで素敵でした。狭山高校の生徒さんもまた次の機会を楽しみにして下さっています。

 今回は社会に出る前の出口教育となる素晴らしいオアシスでした。